地方によってこんなに違いが!?ちょっと珍しいお雑煮をご紹介!

お雑煮は関西風と関東風がある。この地方による違いは有名なものですよね。狭い日本ではありますが地域によって食べ物もかなり違ってきたりするので不思議です。

 

お雑煮は特にその差が出てきやすい料理なのではないでしょうか。関西と関東とでどう違っているのか、他の地域でも異なっている部分があるのか、詳しく調べてみたのでご紹介しますね。


東日本と西日本でのお雑煮の違いとは?

地方による違いですが関西風と関東風というより、正式には西日本と東日本にわけられます。岐阜県のあたりを中心として、東と西とでだしや餅の形が異なっています。

 

 

【東日本】
  • 餅の形・・・角餅
  • だし・・・澄まし汁仕立て

 

 

【西日本】

  • 餅の形・・・丸餅
  • だし・・・白味噌仕立て

 

 

大きくわけると地方によってこのような違いがあります。中間地点の地域では両方が混じっていたりといったこともあります。

 

お雑煮はもともと丸餅が使われていましたが、関東では人が増えたため手で丸める餅よりも、切るだけで済む角餅が使われるようになりました。丸餅には「円満」という意味があるといわれます。

こんなお雑煮も!?地方特有のちょっと変わったお雑煮

東日本と西日本で違いを大まかにわけてみましたが、もちろん他の地方独特の作り方をする場合もあります。お雑煮全てをご紹介することはできませんので、ここでは一風変わったものをご紹介しますね!

 

 

【奈良県】

 

餅に砂糖入りのきな粉を付けて食べる。味付けは味噌仕立て。

 

 

【香川県】


 

中に入っている餅はあんころ餅。味付けは白味噌仕立て。

 

 

【徳島県】


 

お雑煮としては珍しい餅を入れないもの。豆腐と里芋のみが入っている。味付けはいりこだしの醤油仕立て。

 

 

【岩手県】


 

砂糖と醤油で味付けしたタレにつけて食べる。中にはクルミを擦ったものが入っている。味付けは醤油仕立て。

 

 

【鳥取県】


 

小豆が入ってお汁粉とほぼ変わらないもの。小豆雑煮という名称で呼ばれている。

 

 

【沖縄県】


 

お雑煮を食べる習慣自体がない。代わりに豚のもつを煮込んだ中身汁を食べる。

 

 

地方によって様々な違いがある料理ですが、ここでご紹介したものはその中でも異色なものです。たまには違った地域の味付けで作ってみるのも新しい発見があるのではないでしょうか。