縁起の良いものがそろう正月料理・・・この料理の由来はなに?

おせち料理は「昆布」を「よろこぶ」と読むなど縁起の良い料理がそろっていることで有名ですよね。元々正月というのは縁起物が多くそろう時期です。お雑煮に関しても何か由来や謂れがあるのでしょうか?

 

おせち料理に比べると縁起物としてのイメージが薄くなってしまいがちな料理です。お雑煮の歴史や由来について調べてみました。


お正月に食べる意味とは?こんなに縁起の良い料理なんです!

まずは正月に食べる意味についてです。これは旧年一年間の収穫に感謝するとともに、新年の豊作を祈願するという意味があります。

 

更に家内安全の意味もあると言われています。関西地方でお雑煮に用いる丸餅は「家内安全」の意味です。

 

 

そもそも餅というのは新年の年神様のためのお供え物とされているんです。正月に鏡餅を飾るのも同じ由来なんです。これを「年魂」と呼んでいます。

 

その年神様へのお供え物のお下がりを頂くと、神様からの恩恵を受けられると言われています。同じく正月に頂く縁起物と言われている、おせち、お屠蘇と共に祝い膳と呼ばれているありがたいものだったんですね。

お雑煮の歴史は?いつからどうやって始まった?

お雑煮の由来について見てみましたが、歴史についても見ていきたいと思います。日本ではいつからこの風習が始まったのでしょうか?

 

起源としては室町時代にまでさかのぼり、かなり古くから伝えられている風習なんです。ですがその頃には正月ではなく宴会の最初に必ず食べられる縁起の良い料理とされていて、更に平安時代には正月に食べられるようになりました。

 

元々餅は高価で貴重なものとされていましたので、特別な日にしか食べることが出来なかったんです。その貴重な餅を旧年中に獲れた収穫物と、元旦に汲んだ若水とで煮込んだものに由来しています。

 

因みに室町時代にも餅は高価なものだったので、代わりに里芋が用いられていたのだといわれています。

 

そして江戸時代には餅も簡単に手に入るようになり、一般的にお雑煮を正月に食べるという風習が広まりました。豊作祈願、家内安全といった縁起の良い料理で、貴重な餅を使った特別な日の料理だったということなんですね!